譲渡条件

​猫ちゃんが幸せに過ごせるようにお願いしていることとなります。

1.終生飼育

猫ちゃんを家族の一員として、健康管理に留意していただき、愛情と責任を持って終生飼育をお願いします。

最近の猫ちゃんは、20才まで長生きする仔もいますので、ご高齢の方への子猫の譲渡はご遠慮いただく場合がございます。

ご家族・同居人がいらっしゃる場合は、全員の同意をいただくようにお願いします。

また、近い将来に転居や海外への赴任のご予定がある場合は、転居先の条件等もご考慮の上、猫ちゃんを迎え入れる時期を十分ご検討ください。

 

なお、みにみゅうではお一人暮らしの方、小さなお子様がいらっしゃるご家庭ということ条件に譲渡自体をお断りすることはありませんが、お留守番の時間や脱走のリスクなどから譲渡できない猫ちゃんがいる場合があります。

 

2.完全室内飼い

猫ちゃんは屋外に出すと、交通事故や虐待・誘拐などのさまざまな危険にさらされます。また、フンや鳴き声でご近所へ迷惑をかけることにもなりますので、完全室内飼いをお願いします。

 

ひと昔前は、外に猫がいるのは当たり前、お外で自由に遊べるのは猫ちゃんにとって幸せという考え方もありましたが、安心して過ごしやすい室内で飼うと、そこが猫ちゃんにとっての縄張りになり、外に出る必要はなくなります。

室内で自由に遊ばせたい場合は、猫ちゃんは高さがある場所を好みますので、キャットタワー等を用意してあげてください。

3.脱走防止

脱走は未然に防げます。人の出入りと同時に逃げださないように、玄関やベランダ・窓等の脱走対策をお願いします。

猫ちゃんは、器用で好奇心も旺盛のため、自分でドアや網戸を開けることもできますので、しっかりロックできるようにしましょう。

特に中央区はマンションで飼われるケースも多く、ベランダからの落下事故という悲しいお話も耳にしますので、ベランダへの進入も防ぐようにお願いします。

 

4.不妊去勢手術

望まない妊娠を防ぎ、不幸な猫ちゃんを増やさないためにも、生後4ヶ月~6ヶ月に不妊去勢手術をお願いします。

性ホルモンに関係する病気や遺伝的な病気の予防、性的なストレスの軽減、マーキングなどの問題行動の予防や改善の効果があります。

5.譲渡誓約書へのサイン

譲渡の際に、譲渡誓約書にサインをお願いいたします。

6.近況報告

譲渡された猫ちゃんの写真や近況をお知らせください。また、保護猫ちゃんは譲渡時は元気だったとしても、遺伝的な病気を隠し持っている場合がありますので、重大な病気などの問題が生じた場合にもご連絡ください。

 

7.譲渡費用

保護猫たちが病院での検査や処置などにかかる一部の医療費をご負担をお願いしております。

猫ちゃんによってかかる費用が異なりますので、譲渡会でのお申し込み時に個別にご説明いたします。

 

みにみゅう主催の譲渡会に関するご案内です。各ページをそれぞれご確認ください。